<フランス料理と日本の叡智>

【フランス料理と日本の叡智】
〜 十五年の月日 2018 秋 〜

高須賀シェフによる
フランス料理の大好評の特別企画。

旬の京野菜とフレンチをテーマに食材を吟味し、食材が本来もっている味を磨きこみ、味わっていただく。フレンチを骨格とした独自の料理でおもてなしをいたします。

⚫️日時

9月29日(土)ディナー 19時〜21時
30日(日)ランチ 12時〜14時
30日(日)ディナー 19時〜21時(満員御礼)
10月 1日 (月) ランチ 12時〜14時
1日 (月) ディナー 19時〜21時(満員御礼)

⚫️参加費

10000円(ドリンクは別料金)

⚫️定員

限定各日8名様
(ご予約入金完了後正式申込)

⚠︎ 旬の京野菜と旬魚の仕入れにより若干変更の可能性もございます。ご了承下さい。

お飲み物は別途ご注文下さいませ。

独立し三十三間堂近くの築100年の邸宅を改装し、お店を構える、、

予約の取れない大人気の「高須賀」
京都のお店では1日限定2組と特別な時間と料理を提供。

この期間、自由空間八田で味わえる。

○ご予約方法
お電話orメッセージを頂きお日にちなど確定で仮予約。
仮予約後1週間以内に自由空間八田店頭での入金もしくは指定口座へお振込

・店頭

名古屋市中川区八田町1002
052-720-5217
ziyuukuukanhatta@gmail.com

・お振込先

岡崎信用金庫 中川支店
普通 9036780
名義 カブシキガイシャ ソウゾウカンセイキカク
ダイヒョウトリシマリヤク キトウタクマ

予約締め切り
9月21日までにご入金or振込確認

キャンセル時のキャンセル料金
本予約(ご入金後)から
9月17日まで 50%
9月19日まで 80%
9月21日以降100%

食材確保のため期日までのご入金をお願いいたします。

⚫️高須賀シェフと鬼頭拓真の物語

先日京都より自由空間八田へお越しいただいた、、

彼とは私がアパレルの仕事をしてる時のお客様。

当時彼は栄のとある素敵なお店でシェフとして特別な時を振舞っておりました。

私も良く通ったお店、、

料理は抜群の美味、顔も端正、接する独特な話術、
何より全ての『間』が絶妙で心地よさを提供してくれるシェフ、、

『間』は人の相性もあるのでしょうが、私にはとても絶妙で本当に心地の良い時でお店に行くたび気づけば朝4時が当たり前でした、、

そんな彼は京都でワインといえば知らない人はいないところが経営してる、ワインバーのシェフとしてその腕を振るった、、

もちろん私京都へ行くたびに顔を見せた、、

いつ行っても相変わらず心地の良い『間』で迎えて頂き私の京都の旅には欠かせないところへとなっていた、、

そんな彼が今秋独立し三十三間堂近くの築100年の邸宅を改装し、お店を構える、、

1日に2組限定の特別なおもてなしのお店だ。

律儀深い彼は退職する2年も前から退職希望を提出して、自身の求めるお店を吟味して出すほどの人。

そんな彼が昨年八月にワインバーを退職し今秋オープンを前に私とお話をしたいと足を運んでいただいた、、

積もる話で盛り上がり気づけば朝からあっという間の夕刻に、、

そんな彼が出張シェフとして自由空間八田に料理を振舞っていただけることに決まった。

京野菜、旬の魚をフレンチと和を組み合わせた特別なメニューを、、

15年の月日、、

こんな日が来るとは想像もしていなかった、、

彼とは
高須賀利行シェフ!

皆様もその『間』感じていただけたらと思います。

【プロフィール】

高須賀利行

神戸のホテルで修行を積み、名古屋や大阪のホテルなどでシェフとして活動。
京都 ワインバー シェフ&ソムリエ で長きに渡り人の心と胃袋を満たしてきた。

2016年に京都の三十三間堂近くの隠れ家にお店をオープン。

高須賀 Restaurant TAKASUKA

京都市東山区東大路七条下ル東瓦町690

075-748-1680

定休日 毎週水曜日 第1第3火曜日

17時〜23時(予約制)

京都へ行くときは是非ご連絡の上お立ち寄りください。

そんな高須賀さんをお迎えします。

自由空間八田
鬼頭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です