1/16 自由空間八田2周年記念特別ライヴ in 名古屋能楽堂

自由空間八田2周年記念特別ライヴ
【自由空間八田2周年記念特別ライヴ】
in 名古屋能楽堂
『道を活かす』をご紹介します。
続きはコチラ>>

【自由空間八田三周年記念特別ライヴを終えて】


皆様と同じ『刻』を生涯忘れられない刻となりました。
たくさんの心のこもったお手紙とメール、お店までお越し頂き感謝致します。
大切な方を大切な方へ大切に伝え大切に思っていただけたら、、
大切な皆様と生きている歓びを感じさせていただきました。有難うございます。
舞台では自由空間八田のオープンのきっかけの刻から三年の軌跡。
私の大切な方の生き様を感じていただけたらと、、
生きていると色んなことがあります。
様々な生き方、考え方、価値観とありますが、出来れば全てを受け入れ相手を理解し相手にも理解いただける心地の良い刻をつくれたらと思います。
ご出演いただきました竜馬四重奏の皆様、弦舞の皆様、まほろば遊様、成瀬朝香様有難うございました。
このような舞台に演出いただきました花柳琴臣様有難うございます。
ものつくり作家のKIM様、山本様、吉田様、螺澤様、廣瀬様。お忙しい中ご無理を言い、あんなに素晴らしい作品を有難うございます。
舞台・作品などへ温かな光を届けていただきましたグローリークリエイションの須賀様、音や声を届けていただきました現場サイドの山際様、舞台全てを円滑に進めていただきました舞台監督馬場様有難うございました。
受付や楽屋などたくさんの方に会場作りや舞台に向けて尽くしていただき感謝しております。
改めて私は1人では何もできず『たくさんの人の心』で生きていくことを学びました。
1つ1つを磨き、刻を刻みます。
新月の2月26日、新たなはじまり。
また皆様とご一緒できる刻を楽しみにしております。
自由空間八田
鬼頭拓真

【大切な方へ大切な方を大切に伝え大切に想う時を、、】

【大切な方へ大切な方を大切に伝え大切に想う時を、、】
そんな空間をつくろうと自由空間八田をはじめた。
志となる一期一会の出会いをした。
キム・ホノさんの『時計』だ。
一見不揃いに見える時計、、
だが一刻一刻想いを刻み真の今を刻む時計だ。
自由空間八田も三年を迎えた。
念願のキム・ホノ展を開催することに決まり
テーマも『時の刻』と決めた。
⚫️自由空間八田三周年記念
特別企画
KIM HONO 時の刻 展
〜自由空間八田のゼンマイ〜
2017年1月14日(土)〜22日(日)
営業時間 11時〜19時
期間中休業日 19日(木)
キム・ホノ在廊日
14日(土)在廊
他日の在廊は、時の流れとなります、、

15590618_2166070736951563_7547915251063269162_n15590301_2166070743618229_6025972328691885961_n
追伸
おかげ様で三年の時を刻むことができました。
皆様との出会いは私がキムさんの時計との出会いから初まりました。
私の人生を変えてしまう出来事。
大切な方へ大切な方を大切に伝え大切に想う、、
皆様ととても素敵な出会いが出来たこと心より感謝しております。
皆様と同じ時を刻めれたらと、、
自由空間八田
鬼頭

【挑戦を続けるバルーンアーティスト】

15380456_2156550891236881_3498376716602337704_n15356656_2156550777903559_2348006211330934807_n15241312_2156550857903551_7261759588330530788_n15355607_2156550894570214_5570061353213171895_n15267817_2156550861236884_7428155336129327679_n15400955_2156550931236877_4789155967574915420_n15355583_2156550941236876_1336299864795325159_n15326529_2156550717903565_45183615849113720_n15267857_2156550774570226_6313265810397660933_n
バルーンのイメージを遥かに超えるアーティストFUMICOさん。
2016年WBC世界大会で、テーブルアレンジメント部門第2位受賞の持ち主だ。
喜びや笑顔を届けるため常に挑戦を続け、あっと驚く作品を届ける人だ。
私と出会った頃にいつか作品展をしましょう、、
そんな話をしながらも具体的な案がなかなか出ず、、
日本家屋にバルーンをどのようにと、、
そんな悶々と時を過ごしておりました、、
とある日に、、
その『和』の四季や伝統を日本家屋ならではの畳の空間に表現したらと話になった、、
その瞬間アイディアがたくさん湧いた。
バルーンは洋物のテイストになってしまうものだ。だからこその『和』のテイストを挑戦する!
日本の四季や打掛、庭も活かした作品作り、一月の開催だと正月や自由空間八田の周年月、、
おめでたいことが重なる。
『和』の『祝い』
テーマも『祝』に決まった。
彼女は作品展の日程が決まった数日後、京都にいた、、
模様を調べたり和菓子作りの体験をして、ヒントを見つけにと行動をとっていた、、
期間中は自由空間八田の全ての部屋と庭がバルーンで溢れております。
新年はバルーンで包まれる喜びの空間からはじまります!
かっこいい大人の空間・子供達がワクワクする空間。
皆様に素敵なワクワクを届けれたらと思います!
【バルーン デザイナー FUMICO 作品展】
『和✖️バルーン』

期間2017年1月7日(土)〜1月10日(火)
《入場料 無料》
期間中営業時間 11時〜19時
○会場 自由空間八田
名古屋市中川区八田町1002
尚期間中にワークショップを開催予定
詳細はまた後日なのですが来年の干支の酉のワークショップとバルーン打掛を体験できるイベントも開催予定です。
○プロフィール
世界公認バルーンアーティスト
山下郁子
2016年WBC世界大会で、テーブルアレンジメント部門第2位受賞。
バルーンの持つ幸福感や、癒しをたくさんの人に体感してもらいたいと願ってます。
バルーンを愛するスタッフが集まった株式会社ニコフィーバルーンパークでは、バルーン装飾や、バルーンイベントを開催の他、
バルーンギフトを販売しています。

[協賛金のお願い]

14718814_2114908805401090_7631292785835514398_n14670605_2114908808734423_7485734690726113243_n
拝啓時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度2017年2月26日に『自由空間八田3周年記念特別ライヴ』in名古屋能楽堂を開催する運びとなりました。
『刻』
様々な形の一筆。
まっすぐな一筆、短い一筆、長い一筆、少し曲がった一筆、時に跳ねの一筆や支える一筆、、
全ての一筆に意味があり、その一筆に長所や短所を極める。
長所だけではなく短所も、、
長所は短所であり短所は長所である。
一筆は、人生の今までの道を表しその一筆を合わせた刻、
『刻』としてこの時間がある。
刻はきざむ意味もありこの日を精一杯きざむ。
この催しを開催できるのも皆様方のご支援ご協力の賜物と、心より感謝申し上げます。
つきましては誠に恐縮ではございますが、自由空間八田3周年記念特別ライヴの趣旨をご理解いただき、ここにお願い申し上げる次第でございます。
ご協賛の内容につきましては下記の通りとさせていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。
敬具

協賛金額
下記にご協力していただいた方はプログラムにお名前または法人名を掲載させていただきます。
「個人」
【1口】 3,000円 缶バッヂ
【3口】 9,000円 缶バッヂ 自由空間八田ドリンク券
【5口】 15,000円 缶バッヂ 自由空間八田お食事券
【10口】 30,000円 缶バッヂ 自由空間八田ドリンク券(10枚綴り)、出演者サイン色紙
尚、当日配布するプログラムに協賛として明記させていただきます。
「法人」
【1口】 30,000円 缶バッヂ 自由空間八田ドリンク券(10枚綴り)、自由空間八田お食事券、出演者サイン色紙
⚫️プログラム協賛広告
1口 御社名 明記
3口〜5口 A4サイズの8分の1(A7)
6口〜9口 A4サイズの4分の1(A6)
10口〜14口 A4サイズの2分の1(A5)
15口以上 A4サイズ
◯募集期限 11月25日から2月10日
◯納入方法 1.自由空間八田へ直接ご納入
2.指定口座お振込み
愛知信用金庫 中川支店(015)  普通 1113479 自由空間八田 鬼頭拓真
◯お問合せ先
自由空間八田
052-720-5217
担当 鬼頭

【機織り】

15203248_2144486492443321_1099848910579307822_n15109554_2144486462443324_7782635298402520233_n
日本には様々な機織りがあり多種多様な織物として活かされている。
古の日本人には欠かせない着物や帯など一織一織織作られてきた。
普段使いや訪問着・冠婚葬祭・礼服など、糸の種類や模様など数々の匠の技を取り入れ織られてきた機織り、、
少し前の過去にはまだ各家庭にも機織り機はあり、いつの間にやら身近に感じなくなってしまいました、、
日本の伝統の1つなのに、詳しくは知らないことが多く、聞くこともなければ触ることさえ困難な時代になってしまいましたね。
自由空間八田ではそんな機織り体験を月に一度お気軽に感じていただきたく開催しております。
西陣つづれ織りの機織り体験会で職人歴25年の吉川さんにお越しいただき体験できます。
日時
1月15日(日)2月12日(日)3月25日(土)4月9日(日)
午後13時から17時まで 終了時間18時
参加費 体 験2千円(初回のみ)
2回目3千円
お一人1時間ほど職人歴約25年の元職人、
吉川 洋子さんと一緒に教わり、歴史を聞きながらのワークショップとなります!
つづれ織りとは、、
つづれ織は京都西陣織の一つの技法で、日本には奈良時代に伝わり、奈良法隆寺や正倉院に当時の作品が残されています。
1800年台には京都にて盛んに織られ、現在においても格式の高いものとして、祇園祭りの山鉾(山車)の側面を飾る胴掛には美しい金彩を施したつづれの織物が使われています。また、明治時代以降には日本人の手先の器用さから世界最高峰の織物とされるまでになりました。
つづれ帯は袋名古屋帯に属しており、格調高い芸術品として認められています。
しかし近年残念ながら職人の後継者不足等で手織りのつづれに触れる機会は非常に少なくなってしまいました。
日本が誇る素晴らしい織物つづれ織。自由空間様にて職人歴約25年の元職人と一緒につづれの手織りを体験してみませんか?
毎月恒例のワークショップにして1年目は参加者皆様で一つの作品を作っていき完成次第自由空間で展示したいと思っております。
2年目は個々の作品を作るワークショップを開催したいと思っております。
内容
機織り体験50分
5~10分説明と見学(幅出し)
40分織体験
5~10分ぐらい見学(幅出し)
の合計約50分
お一人ずつのご参加なので予約制とさせていただきます。
ご希望の方はご希望のお時間をご連絡くださいませ。
ご参加希望、お問い合わせ先
自由空間八田
052-720-5217

1 / 912345...最後 »