未来の身体へ 2020年間スケジュール

昨年・今年2年間毎月一度特別に催した

武田未来さんによる癒しのマッサージ。

一人一人親身に向き合い、好適な施術が好評で今年も毎月開催することが決まりました。

施術と人柄の心地良さを是非体感下さい!

●2020年 年間スケジュール

1月7日(火)2月2日(日)3月10日(火)
4月5日(日)5月12日(火)6月7日(日)
7月14日(火)8月2日(日)9月8日(火)
10月4日(日)11月10日(火)12月6日(日)

11時から19時

○通常コース料金

1コマ 30分 3000円

4コマ以上 30分 2500円

ご希望のコマ数をご連絡ください。

○お気軽体感フットマッサージコース

10分 1800円

○ご予約先及び開催場所

自由空間八田

名古屋市中川区八田町1002

052-720-5217

ziyuukuukanhatta@gmail.com

完全予約制となります。(キャンセルの際3日前まで予定コマ数の半額3日以降は全額が必要となります。)

●未来さんの独立までのエピソード

武田さんは名古屋の泉でサロンを経営。

経緯はOL時代、昔の恋人が足がパンパンに張り、ならばと興味本位で自ら体験しに行った。

愛の為だ。

そこで衝撃なことがおこる。

足つぼを受けたら『気絶!』

足つぼで血行が良くなりすぎ血圧が低下し貧血を起こしてしたことが原因。

意識が戻り気づくと身体が劇的に変わり、たった一押しで血行の流れの大切さを感じた。

その事がキッカケで習いはじめた。

学ぶ度に『人の為になる仕事』を実感。

OLを辞め本格的に鍼灸師の門を叩く。

8年勤め現在は独立。

根気強い中に柔軟性があり、正直に生きる性格だ。

その性格とマッサージの腕の良さを認められ今では、とある著名の方とその団体のメンテナンスを任される程だ。

そんな武田未来さんの

『未来の身体へ』

をテーマに人それぞれに違う凝り。

その方にあったマッサージと普段注意する行動や生活習慣のアドバイス。

ベットの上と畳の上での身体のメンテナンスの活かし方のお話も聞けます。

ゆったりくつろぐ自由空間八田で開催。

●プロフィール

セラピスト 武田未来

日本オステオパスリフレクソロジー協会プロ養成講座 修了
AFJハーブライフコーディネーター
AFJヒーリングフラワー
日本ハーブ協会認定 ハーブセラピスト
JRAA全国統一 セラピストライセンス
★趣味:ネコ/宝塚歌劇の観劇/ゴルフ
★好きな芸能人:梅沢富美男さん
2003年9月 日本オステオパスリフレクソロジー協会 プロ養成講座 修了 <リフレクソロジーを通じて、施術をする事。癒しの世界を知る。>
それまでのOL生活には感じられなかった楽しさを発見。養成講座修了後は、 「何が自分のやりたい事なのか」を模索しながら、リラクゼーションマッサージ店の アルバイトとOL業の2足の草鞋で自分の進む道を探しました。そこで身体の事。心の事。健康について深く知る事となりました。
2004年5月 リラクゼーションマッサージ IKKYU 土曜日のみのアルバイトから始まる。
2005年5月 それまで勤めた会社の退職。アルバイトからIKKYU正社員になる。
2005年6月 IKKYU伏見店 店長就任
2010年3月 IKKYU伏見店から、IKKYU治療院へ移動 <鍼灸師である院長の元で、改めて勉強を重ねる年間

2019年11月の臨時休業日

誠に恐れ入ります11月20日臨時休業となります。

伴いまして毎週定休日と毎月指定日休業と合わせ3連休となります。

ご了承くださいませ。

2019年11月20日(水) 臨時休業

21日(木) 定休日

22日(金) 毎月指定休日

【高揚感と緊張感】

残り2週間と迫った全身全霊をかけ挑む舞台。

舞台美術の制作にイメージを形にする高揚感。

舞台演出を思考する際に物語に入り込む高揚感。

細かな部分の修正と自問自答の緊張感。

多くのスタッフの力に助けられ提案した「事」以上の提案を頂き深謝しております。

発表後すぐにチケットをお買い求め頂いた皆様。

また多忙の中なんとか都合をつけようと試みている皆様のお話も伺っております。

歓びと深謝しかございません。

今私の出来ること全てを込めて進めております。

有難いことにお昼の部の指定席・自由席ともに残り少なくなりました。

お昼の部ご希望の方はお早目のご連絡をお待ちしております。

さて後は大詰め!

「高揚感と緊張感」を楽しみ、創造豊かな舞台へと進みます。

是非ご来場くださいませ。

自由空間八田
鬼頭拓真

【一丸となるリハーサル】

【一丸となるリハーサル】

先日来月10月27日に開催する

「人酔い岳 人酔い村 イノシシと権爺九十才 命」

の受付スタッフ全員集めたリハーサルを行いました。

当日の本番を観賞することが叶わない為、おにぎりを頬張りながら。

その機会に中日新聞社会部の記者武藤周吉さんも足をお運びいただき行いました。

人が人のことを思い最善を尽くす。

色々な価値観が多様化する時代に直面する様々な出来事。

思いやり、思いやられ信じる道。

そんな舞台を目指し一丸となるリハーサルとなりました。

本日9月19日中日新聞朝刊市民版17面にその模様を掲載いただきました。

誠に有難うございます。

尚記事の掲載は公衆送信権などの権利がありご案内のみとなります。

購入や購読、またどこかで見かけましたら一読いただきますと幸いです。

【生きる花 盆栽を知る.vol2】 〜盆栽体験と講演〜

全く盆栽のことがわからないが、何か気になる。。

そこからが事の発端。

盆栽の初級の初級である企画を開催。

愛知園の田中淳一郎氏をお招きし盆栽のイロハの「イ」からご講演頂きます。

一人一人体験用のキットも特別にご用意頂き盆栽に触れながら楽しめる企画です!

全くはじめてのご参加の方は1部のご体験下さいませ。
2部は前回と今回の第1部に参加され使用したキットのお手入れ方法。
その後新たにミニ庭園キットを制作いたします。

今回特別に2部ご参加の方閉会後に愛知園様へ見学に行きます!
恐れいりますが人数によりお車の台数を確保いたしますのでご希望の方はお教え下さいませ。

●日時

2019年10月5日(土)

第1部(全くの初心者向け)

13時30分から15時15分

第2部(1部の内容を経験され次の工程プラス、ミニ庭園作り別キット付き)

15時30分から17時15分

●参加費

第1部
4000円(キット付き 尚キットの数量を確定する為開催日の1週間前に確定する為以降の返金はいたしかねませんのでご了承ください。)

第2部
5500円(第1回参加者及び第2回参加され引き続き参加される方はキットを持参の上ご来場ください。)

●お申込み・問合せ・会場
(お申込みは参加費の入金にて完了となります。お早目のお申込みをおススメいたします。)

・自由空間八田

名古屋市中川区八田町1002

ziyuukuukanhatta@gmail.com

052-720-5217 (鬼頭)

追伸

開催に至るまでの経緯

盆栽に感じたことのない世界があるのでは?

と思ったある日とてつもなく興味が湧いた。

想像して創造した感性を企て画する、、
そこに何か通じる気がして、、

長年先を見据え育み共に生きることなのだろうか?

多種多様に生きる方々が長年育て続けるその先に。。

長く続けることに大きな学びがあるのだろうか?

興味が湧いても「いろは」もわからない。。

無知では盆栽園の門を潜ることは相当な勇気が必要な程遠い存在。

こんな話をしてましたら割と興味を抱く方々が多く、、

ならばと意を決して!

大切な方にご紹介頂き門を潜って参りました!

快く対応頂きこの日を迎えるに至りました。

●講師と愛知園の物語

田中淳一郎氏(4代目愛知園 園主)

名古屋にある愛知園の盆栽園主

1896年に初代となる田中鋤次郎氏が創業し現在四代目の園主。

鋤次郎氏は農家の長男として生まれ17才の時盆栽屋となるため家を出て創業。17歳の時に実生した梅の盆栽は現在も咲き誇る。
2代目幸四郎氏
時代は戦争真っ只中生きる為の食料もまばならない時、自宅も焼失し離れにあった盆栽以外全てを失う。戦後盆栽ノ再構築に明け暮れる。
3代目清光氏
高度成長期の時代の中、盆栽の作出に努めた。
三人娘の子に恵まれたが、男の子を願っており1971年初代の鋤次郎氏が他界した翌年念願の男子 淳一郎氏が生まれた。
4代目淳一郎氏は、日々新しい技術や創造を通して、良い樹を作り上げ盆栽文化の発展の活動で活躍。

3 / 2512345...1020...最後 »

Facebook

2020年11月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930