5/16〜24 保田芳文・保田 徹 親子展

eventIMG_el-paso

自由空間八田で空間を演出して頂いてる
革工房エル・パソの保田芳文さん徹さんの親子展のご案内です!

革工房エル・パソ 保田芳文さん徹さんの作品は、芳文さんの幼少の頃に出会った西部劇の影響で現役の学生カバンを解体し『ガンベルト』を制作したのが最初の作品、そして30代で独立し全国で個展活動を行っております。
お客様にどんな時でも使って頂きたいという想いからつくられる作品。
作品つくりに使用する革のその動物が生きてた時に出来た傷などを見て動物の一生を想い更にそこの部分を活かしたりなど、、そんな想いから素敵な作品がつくられてるのだと、、
徹さんは父親である芳文さんの影響を受け作家へと転身!若い方やご年配の方まで幅広い年齢層の方々にご愛用いただける作品を作られております。
古民家の自由空間八田での開催は和の空間に合わせた作品や革で作られた工具箱・保田さん独特な色づかいの作品をご覧いただけます!
是非皆様お誘い合わせの上お越しくださいませ!

自由空間八田
鬼頭

革工房エル・パソ
革工房エル・パソ

【作家紹介】
革工房エル・パソ
植物タンニンによる古来の方法でなめされた革を主なる素材として、革の特質をできる限り引き出すことをモットーに制作活動を行う。天然素材ゆえ、傷そのものや傷による染色むらなどもみられるが、あえて、それらを隠すような作業はしない。食肉の副産物と言えども、常に動物たちへの感謝を忘れず、傷や穴などもデザインとして生かし、一枚の革を使い切ることに心がけている。
革工房エル・パソ ホームページ

「保田芳文・保田 徹 親子展」

日 時:5月16日(土)〜24日(日)
時間:11時〜21時(※17日のみ11時30分〜21時、最終日16時まで)
作家在廊予定日:16、19、24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です